社員インタビュー

発想豊かに
設計できる環境で、
考える仕事が
もっと好きになる。

設計チーム

高野 正道

2014年入社

FATOMSに応募したきっかけは?

大学の就職説明会がキッカケです。大学では機械を専攻していました。就職説明会のブースになぜか社長と専務が来ていて、社長からFA機器の開発をイチから全てやっている、と聞かされました。工程の一部しかやっていない会社が多い中、とても興味を持ちました。ラインに入ってやる仕事とは違って、もっと頭を使う仕事なのかなと。どうせなら考えることがメインの仕事の方が楽しいのかなと考えて応募しました。

応募する前に不安だったことは?

エントリーの時点ではなにもありませんでした。ただ、初めて会社を見学した当時は、まだ働いている人が少なかったこともあって、ここで孤立したら嫌だなという思いがありました。仕事内容よりも人間関係が上手くいくか不安でしたね。

この仕事の面白いところ、難しいところはなんですか?

設計の一番面白いところは、お客さんからいただく仕様書をもとに、発想豊かに設計できることですね。初めは装置が動いただけで感動しましたが、ああすればよかったとか、こうすればよかったとか、反省することが多いです。そういう経験を積んで、もっともっと良い機械を作りたいです。常に謙虚な姿勢で学び、今の自分を超えていく、というのを大事にしています。おそらく、今後も満足はしないと思います。

プライベートは充実していますか?

休日は出かけたいって気持ちがあるので、時間が無ければ静岡をぶらぶらしようとか、田貫湖に行こうとか、出かけますね。時間があれば、京都とか金沢とか行きますよ。体力があれば時間が無くても行っちゃうかも(笑)普段行かないところに行くと気分転換になりますね。旅行というか、非現実的なところに行きたいんですよ。
最近良かったのは京都ですね。お寺とか神社って、建物が非現実的じゃないですか。テンション上がりますよね。彼女と2人で行って、万歩計で測ったんですけど、1日で2万歩も歩いてたからマジか、ってなりましたよ。

夏のいい思い出です

FA TOMSの魅力ってなんですか?

大企業でないからこそ、一番下の意見でも筋が通っていれば通ることですね。社長が一番話を聞いてくれるんですよ。新工場の予定もあって、まだまだ大きくなる会社の姿を見れるのも魅力です。悪いこともありますよ。情報がすぐ広がります。彼女ができたなんて言ったら2,3時間後にはもう広まってますから(笑)
もし、FA TOMSがどんな会社か友達に言うとしたら、「いっぱいお金が稼げるところ」って言いますね。忙しい時期なんかは、給与が高すぎて不安になることがあるくらいです(笑)